線路

Comments-6  2008.10.17
= Comment =
  • Name 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

雪天  URL
2008.10.18 23:09 edit
>ゆうさん
今ではつらい場所でも、
やがて思い出の場所となっていくのだと思います。
いろいろな場所、いろいろな街、
それぞれにその時代の自分がいて
いつかはそんな自分を見つめられる自分になれるのでしょうね。

>ふ~さん
ここではお初^^
そうなんだよね。車の中より電車のほうが心に残っている。
ハンドルを握るほうは、運転することに心の一部が奪われているし
助手席のほうは、そんな相手に気を遣っているからかな
ドライブも楽しいけど、電車のほうがふたりのこころに余裕があるのかもね。

>ちかさん
ちかさんは車派でしたね^^
逢いに行く道にも、四季それぞれの景色があったりして
こころに残るものなんでしょうね。
逃げる事はないんだけど、つい逃げるようになって、それが余計に
自分を苦しめてしまうこともあります。いつかは思い出の場所にしたいですね。
ちか  URL
2008.10.18 19:48 edit
ん~~切ないね。

でも、逃げることはないと思う。
行けなくなった場所がいつか
想い出の場所になるはず。

なって欲しい。

私には、電車での想い出はなけど、
いつか、行けなくなる場所が出来るとすれば
それは、逢いに行った道のすべてかもしれない。
ふ~  URL
2008.10.18 15:19 edit
ここではお初です♪

一緒に電車に乗っている思い出って、車の助手席に座っている時
より鮮明に残ってる。
風景、表情、つないだ手の温度、少しトーンを下げて話した
お互いの声が全部全部セットになって残ってるから。

途中まで読んで、何かがこみ上げてきて、深呼吸しないと続きが
読めなかった。
でも最後まで読んで、そういう想いも受け入れて、ちゃんと自分で
消化しないといけないんだな・・・って小さな覚悟ができたよ。
ゆう  URL
2008.10.18 15:05 edit
もう行けないんですよね。
どうしたって行けない。
そしてそこに一人で行っても意味がない。
私は一人で行けない場所がいくつかあります。
それらは全て思い出の人と一緒に行った場所で
一人で行くには寂しいとか切ないとか
そんなところです。
でもそういう思い出の場所があることって
きっといいことなんだろうなと
今では思うようになりました。
雪天  URL
2008.10.18 13:26 edit
>megumilkさん
すべてが電車の中…そうですね、泣いたり、笑ったり、怒ったり
人生の転換点にいつも電車があった気がします。だからモチーフとしても
つい追ってしまうのでしょうね。
むかしむかしですが、母の「行くな」という言葉を背に電車に乗り込んだことを
思い出します。まだ国鉄時代ですが(笑)
megumilk  URL
2008.10.18 10:27 edit
線路の写真っていいですね。わたしもよく撮りますよ。
電車にのっていると色々な気持ちがよぎります。
一緒に居た人の事。好きな人の住む町。行った場所。
すべてが電車の中にはあるものね。。
To youにコメント嬉しいです。ありがとう!!


   

雪 天


雪天 1966生 ♂


想ったこと
見たこと
感じたこと






Whitebook


リンク


月別アーカイブ












































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































>