あの日々、僕は自分が傷つくほどに強くコブシを握っていた。



僕よ
もっともっと
強くあれ
古傷に
熱き血を流せ
それはまるで
涙のごとく
とめどなく
とめどなく
ひたすらに
かたくなに

2012.01.20


   

雪 天


雪天 1966生 ♂


想ったこと
見たこと
感じたこと






Whitebook


リンク


月別アーカイブ












































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































>