風をさがして

2009.10.31

ひとり

2009.10.30

抱きしめてよ 今だけでいいから

2009.10.30

こころの穴

2009.10.30

きみのところへ

2009.10.30

下り坂

2009.10.29

あああん…

2009.10.27

やさしさの実

2009.10.27

輝きに浮かぶ

2009.10.26

待つこと

2009.10.25

時の愛

2009.10.24

それでも青空

Comments-5 



昨夜はオリオン座流星群のピークだったようですね
1時間ねばりましたが、結局1個だけしか観れませんでした('・ω・`)
何万、何億光年という規模の宇宙を相手にイライラしても仕方がないので(笑
まぁ、ラッキーってことにしておきます^^
東京の夜空では、いくらも星は見えませんが、それでも空は大きいなぁって、
夜は特に、空よりも深い宇宙が見えるわけですから、しばし心がからっぽに
なれましたよ^^寒かったけど~

2009.10.22

メロディ

Comments-4 


好きなのに、想いがこみ上がり過ぎて
もう聴けなくなってしまった歌ってありますか?
僕は馬場俊英という人の「鴨川」という歌です。
べつに鴨川に想い出があるわけではなく、歌われている内容がもう無理です。聴けません。
逆に、つらい想い出と重なるのに素直に聴ける歌もあります。森高千里の「渡良瀬橋」です。
同じように、もう行けなくなった場所もあります。これはその地方のかたには不愉快でしょうから
言わないでおきます。でもやっぱりそこには大きな川が流れています。
不思議と「川」なんですね。
そして今も川の近くに住んでいます。たまにここでも登場している川です(今回の写真は別)
他にも近場の写真が多いので、僕がどこに住んでいるのか分かる人には分かってしまう。
まぁ、いいけど^^

2009.10.20

雲のように貴方

Comments-2 


このブログを始めた去年の10月は19回も更新しているんだなぁって
我ながら感心しています(笑
今月はめずらしく頻繁に更新しているけど、あのペースには追い付かない^^;
よほど何かが溜まっていたんだな(何かはわかってるんだけどね、自分では…笑)
最近は調子よさそうだけど、実は最悪にダウンなのですよ。だから若干、追われるように
記事UPしてたりもします。けして無理をして更新しているわけじゃないんですけどね
近頃記事でも「多弁」なのはそのせいかも…
更新がまた滞ったら、元気になったんだなって思って下さい(笑

2009.10.20

キミの場所で

Comments-4 


まだ頑張って咲いていた朝顔をみつけました。
朝顔のからむフェンスの向こうは、ほとんど流れのないドブ川です。
しばしその澱みを眺めていると、たまにポコっと泡が浮かんで消えます。
メタンガスってやつですか。川が汚れている証拠といいますが、
泥の奥底で何かが「発生」していることに、
なんかちょっと、こころ動くものもありました。

2009.10.19

行っちまえ

Comments-3 


はじめての記事連発UPです^^

電車には、すいている限り扉の所に立ちます。
んで、そこから外を見るのではなく、扉に寄りかかって反対側の扉の窓から
外を見るクセ(?)があるのです。そうすると反対側に居る人が必ず、
「見られてる?!」って思うらしく、こちらを気にします('・ω・`)
これって迷惑行為でしょうか?(笑)
最近はテレビのついた車両もありますが、やっぱり反対側のやつを
扉に寄りかかって観ます。ちょっと混んでいる時もそれをやると、
目の前にいる人が居心地悪そうです('・ω・`)
これって迷惑行為でしょうか?(笑

2009.10.18

Comments-0 


今日は久しぶりにひとりで長距離ドライブ
…と言っても仕事でだけど^^;
走り屋じゃないけど、車の運転はかなり好きで、何時間でも運転できるのです
だからと言って接客できる性格じゃないのでタクシーの運転手とかにはなれないなぁ
一時期、キャバ嬢の送迎のバイトを真剣に考えたことがあります(笑
「お疲れさま~」とか言ったあとは、もう、おねぇちゃんは家に着くまで後部座席で寝ているだろうし
愚痴ならいくらでも聞けるタイプだし、適職かなぁ…なんてね
ところで、焼き損なったDVD-Rを部屋中に飾ったらカラスやスズメの気分です。

2009.10.18

びゅ~んっとね

Comments-5 


なんか、ありがちな言葉になってしまったけど
ちゃりで坂下って、なんかとっても気分がいい10秒間だったので
この一瞬が今日のイチバンとして、良しとしましょう(笑
まぁ、そんな毎日ですよ。それでいいじゃん^^

2009.10.17

自由席

Comments-5 


冬に向けて古着屋へ行ったけど収穫なし…('・ω・`)
駅で何の宣伝か忘れましたが、はなちゃんのポスターに見惚れてたら
変な目で見られました…('・ω・`)
関係ない話ですが、最近は西加奈子さんの小説が好きです。

2009.10.14

輪廻

Comments-4 



写真はストックからです
2009.10.13

あ~

Comments-2 




月に一度は、近所にある本場のカレー屋へ行って
ネパールのビールと、ナンとマトンカレーと豆カレーのセットを食べます。
昨夜も行ってきました。お気に入りのお店の一つです。
店のおねぇちゃんのたどたどしい日本語がとても耳に心地よいのです。
もちろんナンもカレーも美味しいですよ。

2009.10.11

Comments-4 



台風一過の陽射しが、曇りガラスを通して
扉を照らしていました。なんだか印象的な風景でした。

2009.10.08

変わりゆくままに、このままに

Comments-13 


今日でこのブログも一周年を迎えました。

いちばん最初に載せた写真を使って今の想いを綴ってみました。
自分の想いだけで始めて、すぐに終わると思っていたブログですが、
今では見に来てくれる皆さんが、ここを続けられる原動力となっています。
みんなありがとうね^^
今後ともよろしくお願いします

yuKiTen

2009.10.07

人・生

Comments-6 



【めだかの刺青】

18歳を過ぎたころから、ほとんど失踪状態な日々をすごしていました。
その日々の中ですべての喜びと、すべての苦しみを経験してきたような気がします。
あるバイト先で、見るからに70過ぎの頼りなげで、とても無口な爺さんと一緒に
働いていました。半年ほどの間、一言もその人と話をすることはありませんでした。
ある日、その人の左腕に「めだか」がいたのです。
まるで子どもが描いたような、笑うに笑えないほどの貧弱な、それはどう見ても
「めだか」の刺青でした。
たとえそれが遊び彫だったとしても、若い時にいきがって彫ったとは思えません。
それなりの年齢になって、「あぁ、俺はメダカだ…」と思って彫ったのでは…
なんて、勝手な空想をしました。そして僕は誓ったのです。
40歳を過ぎて、それでもまだ僕が生きていたら、左腕に刺青を入れよう、と。
それは20歳のころの出来事。そして僕は今、40歳をとっくに過ぎました。
爺さん、あなたの人生のすべてを僕は知りません。
でも、あの日の誓いを僕は今まで忘れたことはありませんでした。そろそろですね。
左の利き腕をやっと本当に、自分のものにする準備を始めます。
「めだか」じゃないけどね(笑

2009.10.04

雨あがり

Comments-2  2009.10.03

ある

Comments-3  2009.10.01


   

雪 天


雪天 1966生 ♂


想ったこと
見たこと
感じたこと






Whitebook


リンク


月別アーカイブ












































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































>